梅雨の湿気に困らされるくせ毛対策 オススメの縮毛矯正!


梅雨の湿気に困らされてるくせ毛が気になる人にオススメの縮毛矯正!
雨の日や梅雨などの湿気の多い時期は髪の毛が広がってしまったり、至る所に浮き毛やアホ毛がでる、手に負えないうねり、パサつきに困らされてしまいます。湿気による影響は特にくせ毛の方が受けやすいというのはよく聞く話ですが、実は普段カラーリングをし、アイロンなどもよく活用している方では髪の毛が痛んでしまっている為に受けやすくなってしまっているのだそう…。
 

どうして湿気で髪の毛がいう事を聞かなくなってしまうの?

湿気により髪の毛が変化してしまう原因は髪の毛の構造にあります。人間の髪の毛の一本一本は細いですが、その中は海苔巻きのようにメデュラと言われる中心部をコルテックスというものが巻き、さらに外側をキューティクルが保護する形になっています。髪の毛がダメージを受けると、キューティクルが剥がれてしまい、そこから中のコルテックスが出してしまいます。中身が流れ出してスカスカになるとパサつきや枝毛、切れ毛などが発生しますが、雨の日や湿気の多い日はそこの穴に水分が入り込んでしまうのです。これにより通常11~14%程の水分量が大幅に増加し、髪の毛が広がってしまう、まとまらないといった事態が引き起こされてしまいます。

このように髪質に癖がない方でも困らされる湿気ですが、くせ毛の方の場合は更に大変です。元々くせ毛の方は髪の毛一本取ってみても乾燥地帯と湿原が入り混じった造りになっています。ただでさえ水分の内部保持量が均一でないというのに雨の日や湿気の多い時期では髪の毛に水分が入り込み、更なるうねりを発生。まとまらなくなる、切れ毛やアホ毛を目立たせてしまうことに繋がってしまうのです。
 

髪の毛の湿気対策には縮毛矯正が効く⁉︎

髪の毛が湿気による被害を受けないようにする方法はいくつか挙げられます。

・縮毛矯正をかける
・バサつきにくいヘアアレンジにする
・スタイリング剤の使用
・シャンプーやトリートメントなどを変えてみる

この4つの中でも最も即効性があり手っ取り早いのが「縮毛矯正」です。
縮毛矯正を実際に体験した事はなくても言葉を耳にした事がある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?縮毛矯正とは生まれ持った髪の毛の性質を上書きするように、なんとほぼ一生ストレートの状態に固定してくれるものです。一生とはいっても髪の毛は日々伸びるものなので、伸びた分への施術は必要となります。

縮毛矯正が湿気の多い時期のくせ毛に効果を発揮するのには、髪の毛の機能に秘密があります。くせ毛の方の髪の毛は自分で必要な水分を保つ機能がそうでない方と比べると弱く、それ故に痛んで見えてしまったり、早起きしてブローやアイロンで対策しても髪の毛が空気中から余分な水分を取り込んでしまい無意味と化してしまうのです。

しかし、縮毛矯正をかければうねる髪の毛を真っ直ぐにしてくれるだけでなく、その弱い水分を保つ機能をサポートしてくれる作用も得られます!縮毛矯正は春夏秋冬どの季節でも助かるものですが、梅雨の湿気が多い時期では特に強い味方であるということがわかりますね。

とはいっても縮毛矯正は頭に薬剤を塗って行うもの。カラーやパーマなどを普段行わない方からすると少しばかり不安感も拭えませんよね。

ここからは縮毛矯正を受けた際に気をつけるべきことをご紹介していきます。実際に受ける前にみて頭に入れておくと良いかもしれません。
 

縮毛矯正で気をつけるべきことは?

縮毛矯正の施術後。髪の毛がストレートになっているのを見るととても嬉しくなりますよね。ですがここに注意すべきポイントがあります。それは、個人差や薬剤の種類、美容師さんにもよりますが、施術後1日〜2日間に髪を洗う、結ぶなどしないという事。縮毛矯正は化学反応により行われているので、化学反応が終了する前にこれらを行なってしまうと、折角高いお金を払って行ったのに効果が薄まってしまったり変な癖がついてしまう事も場合によっては生じます。

また、中でも一番危険なのは髪の毛を洗った後にしっかり乾かさない事。濡れたそのボサボサの状態で半永久的に定着するという世にも恐ろしい事態が発生してしまうので、目安としては髪の毛から硫黄臭がしなくなるまでは髪を洗った後はしっかりと櫛などで整えてから乾かしきるようにしましょう。

もしも縮毛矯正をするのは髪の毛へのダメージはどが心配だという方は、美容室によっては縮毛矯正の簡易版を扱っている場所もございます。あくまでも簡易版なので効果は半永久ではありませんが、髪の毛へのダメージはこちらの方が全然少ないので初心者の方はまずはそちらから始めてみるのも良いかも知れません。
 

まとめ

縮毛矯正は湿気に困らされているくせ毛の方の強い味方ですが、その反面で薬剤を使用するため髪にダメージを与えてしまうのも事実です。行う際は行きつけがある方はそこで、ない方は口コミなどを見ながら信用できる美容室と美容師さんを探しましょう!

気になる今年の梅雨入り梅雨明け情報
梅雨の湿気に困らされるくせ毛対策 オススメの縮毛矯正!
満潮とは?
2,642 views